順義には職場から少し離れているが、彼はドライブ旅行に問題はないと思っている

易居研究院シンクタンクセンターが提供したデータによると、2021年通年、燕郊外の新築商品住宅の成約件数は6032セットで、価格は19456元/平方メートルだった。2022年前の5カ月間の成約セット数を見ると、前年同期の1990セットから大幅に下落したのは911セットだった。しかし、2022年前の5カ月間の成約価格は20327元/平方メートルと安定している。「これは現在の住宅価格が急速に下落しておらず、むしろ比較的安定していることを示している」。易居研究院シンクタンクセンター研究総監の厳躍進氏は、現在の燕郊楼市をこのように評価した。 「後期の住宅引き渡しの心配はない」 特筆すべきは、多くの仕事が北京にあり、実際に燕郊外に住んでいる通勤者にとって、燕郊外では広い面積の住宅に住み慣れており、手元資金に余裕があれば、再び燕郊外や周辺により広い面積の改善型住宅を置き換えることになり、李明のように北京に戻って就職することは多くない。 「燕郊は国貿から遠くないが、仕事上の緊急事態に遭遇すると、実はまだ城をまたぐもので、時には影響を受けることがある」。李明氏は、90平方メートルの家から60平方メートル以上の家に移り住み、面積はぐっと小さくなったが、家族3人で住んでいても十分だと述べた。 現在、李明氏の最新の計画は、来年部屋を引き渡した後、家族3人で新しい家に引っ越し、団地周辺の幼稚園に子供を入学させることだ。順義には職場から少し離れているが、彼はドライブ旅行に問題はないと思っている。 また、新築後期の住宅引き渡し問題については、「現場に行ってビルを見たことがあり、天井を閉めて内装をしているので、住宅を引き渡しられない可能性は少ない。交付基準、団地の内部計画も見ているので、問題はないはずだ」と心配していない。 安家後、個人の生活を展望した李明氏は、「嫁も以前は北京で働いていたが、出産後は主に子供の世話をしていた。将来、適切な仕事があれば、職場に復帰するかもしれない」と話した。 北京のビル市に対する見方について、李明氏は、住宅価格は飛躍的に増加することはないが、他国の中核都市の住宅価格と比較しても、大きな下落はなく、着実に発展すると予想している。

順義には職場から少し離れているが、彼はドライブ旅行に問題はないと思っている 热门话题


1b

发表评论

Copyright 2002-2022 by 思创留学网(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.